スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




熊本・秋津むつう整体院の公式ホームページはこちらからどうぞ▼

熊本・秋津むつう整体院



web拍手 by FC2

長野(上田)~名古屋 に行きました

みなさん こんにちは  熊本・秋津むつう整体院の谷川です

17-18日と 長野から名古屋へと行って参りましたので そこで感じたことを書いてみます

 私が名古屋で仕事をしていた時の同僚の方が亡くなられましたので 長野県上田のご自宅に伺い ご仏前にお参りしてきました

その方は 丁度会社定年時の10年ほど前にパーキンソン病を患われ 2年前には背骨に30本のボルトを埋め込む大手術を受けられましたが なかなか改善せずに逆に進行し 一昨年12月私が名古屋に行った折に 名古屋の同僚(むつう整体)の方と 上田のご自宅に伺い 施術させて頂いた方です

結局施術はその一回だけになりましたが 術後 冷たかった手の温まりと共に トイレにも自力で行けるようになられ 一縷の明か

りが見えたようではありましたが 身近にむつう整体がないこともあり 施術も出来ないままで 昨年9月に急性心筋梗塞でお亡くなりになられました

死因はパーキンソンの治療や 背骨の大手術とは無関係のように見えますが 手術による心臓への負担の影響が大きいとみています

奥様とお話ししますと 在職中のご主人は 私も全く同感ですが 仕事中心の誠実温厚なお人柄で やっと定年になり今からゆっくりお孫さんの顔を見ながら楽しく過ごせると思った矢先に 難病となり 結果 69歳の若さで旅立たれたので、ある程度 時間が経ち落ち着いてくると逆に言いようのない淋しさが湧いてくると仰っていました。

今更ではありますが もう少し早い段階で病気の話が聞けていて 内側の力を取り戻す事が出来ていれば ひょっとすればまた違った展開になったかもしれないと思いました

今後は 奥様が、毎日を楽しく過ごしていかれることが 亡くなられたご主人に安心頂けることに繋がるのでは とお話しさせて頂きました。 人それぞれの寿命とはいえ やはり淋しいです

その日の行程は 熊本から飛行機で羽田に飛び、東京から初めての北陸新幹線で上田に  そして上田から長野を経由して名古屋に向かい、名古屋で仲間2人と会食しました

翌日18日は お昼に元の会社の苦楽を共にした同僚の皆さん(12名)と 年に一度の懐旧懇談会に参加。60代〜70代の皆さんで 愛知、三重、静岡、大阪、京都、横浜から集まり 本当に楽しい時間を過ごさせて頂きました 
皆さん それぞれに 仕事に、趣味に、町内会に、健康づくりに、お孫さん含め家庭円満に 楽しく取り組んでおられる様子をお聞きでき いいもんだな と実感しました 

正に 中国宋時代の詩人 王 安石の詩にあるように 
    
   「人生楽しきは、相知の心にあり」(自分の事を分かってくれる人の心に出会うことが 人生の楽しさ)

のひとときになりました。

2次会のカラオケもそこそこに退席させて頂き セントレア空港から熊本への帰路につきました

私流に付け加えるならば 「生涯お付き合いできる人をどれだけ 創れるか」が 人生の財産だと思っています。自分もそう思って頂けるように 信頼関係を一層大切にしていかなければ  と肝に銘じた次第です

お読み頂き ありがとうございました



熊本・秋津むつう整体院の公式ホームページはこちらからどうぞ▼

熊本・秋津むつう整体院



web拍手 by FC2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。