スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




熊本・秋津むつう整体院の公式ホームページはこちらからどうぞ▼

熊本・秋津むつう整体院



web拍手 by FC2

吊るすと甘くなる?

皆さん こんにちは   熊本・秋津むつう整体院の谷川です

柿のシーズンになり 最近良くいただいています。 もちろん甘柿ですが少し柔くなった時が食べごろの感じです

小さい頃 家の中に柿を吊るして食べていたことを思い出し 先日渋柿をベランダに吊るし 10日ほど経ってから食べてみました。

ほんとに甘くて 美味しいです。

しかしなぜ渋柿が甘くなるのか? 今頃になって疑問が湧き 調べてみると お茶にも含まれる渋味の元となる 「タンニン」が吊る

して干すことにより 不溶化するとのこと  つまり干すことで乾燥し水分が減り不溶化し  口の中に入れてもタンニンが唾液に溶

けず渋みがなくなり かつ 栄養価も増す ということだそうです

何と言うことでしょう

今の時代 糖度を増すために 人工的に品種改良したり 化学肥料を使ったりしていますが 渋柿を単に干すだけで自然の味、

甘さ、滋養 がとれるって ほんとに凄いことだなあ  と今更ながら感心しました。

無痛、無刺激で 生まれながらにして備わっている力を 最大限引き出し その自分の力で真の健康回復を図る という

むつう整体も 人工的な手を加えずに自然の力で渋柿が甘くそして一層滋養のあるものに変わるのと 共通する面があるなあ

昔の人は 自然の力を上手に生かした生活をする知恵を持たれていたんだなあ と今更ながら感じました  

お読みいただきありがとうございます  
スポンサーサイト




熊本・秋津むつう整体院の公式ホームページはこちらからどうぞ▼

熊本・秋津むつう整体院



web拍手 by FC2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。